コンピューターからオフィス家具、事務機器販売ーオフィスシステムデザインまでのトータルコーディネートアドバイザー

株式会社ジョイント

電話0246-22-3170

ドローン
  1. ホーム>
  2. 商品案内>
  3. ドローン

ドローンのご紹介

海辺上空を飛ぶドローン

SEKIDO契約販売店になりました!

当社はDJIドローンを扱うSEKIDOの契約販売店として、地元いわきの企業の皆様に お客様の業種・用途に応じた最適なドローンをご提案させていただきます。

Inspire 2

INSPIRE 2

世界に驚きをもたらしたInspire 1のすべての機能を継承し、さらに進化を遂げたのがInspire 2。
停止した状態から時速80㎞までわずか5秒で加速、最大スピードは94㎞に達し、フライト時間は最大27分に延長されるなど、 機体の性能は大幅に進化しています。
デュアルバッテリーシステムにより、万一片方のバッテリーに不具合が生じても、もう一つのバッテリーで帰還できます。 さらに自己発熱技術によって、海抜2500~5000m上空や気温-20度という低温環境下での飛行も可能となりました。

高機能カメラと画像処理システム
プロフェッショナルのための画質

注目されるのは、そのカメラ性能と画像処理システム。 Inspire 2には最新のCineCore 2.0画像処理システムが搭載され、5.2Kの動画をAdobe CinemaDNG RAW、 Apple ProRes 等で録画可能です。

障害物感知・回避機能
障害物感知・回避機能

Inspire 2ではFlight Autonomy(フライトオートノミー)が改良され、2方向の障害物回避が可能に。 機体の前方と下向きに設置されたビジョン センサー システムにより、最大30m先の障害物を検知できます。 また、上方の赤外線センサーは、5m上までの障害物を検知し、狭い空間での安全性を確保できます。

インテリジェントフライトモード
追尾モード+インテリジェント・フライトモード

Inspire 2では、追尾モードに加えて、様々なインテリジェント・フライトモードと撮影モードを使用できます。

スポットライトプロ
パワフルな追尾モード・スポットライトプロでは、パイロット1人でもクリエイティブな映像が撮影可能です。
飛行中にInspire 2がどの方向を向いていても、ビジュアル・トラッキング・アルゴリズムを使用して被写体を捉え続けます。
また、ジンバルが回転制限に達しても、Inspire 2は操作に影響を及ぼすことなく機体をカメラと同じ方向に回転、 ジンバルの動きに制限されずに撮影することが可能です。

TapFly(タップフライ)モード
タップフライモードでは、FPVビューの画面上で飛行させたい位置をタップすると、 飛行ルートを設定でき、自動でそのルートに沿って飛行できます。

ActiveTrack(アクティブトラック)
ActiveTrackモードでInspire2は人や車など様々な被写体を認識します。 被写体の特性に基づいて追尾プロファイルが調整されるため、追尾精度がより向上します。

スマートRETURN-TO-HOME
ビジョンセンサー システムにより、Inspire 2は飛行中にリアルタイムで飛行ルートのマップを作成します。 映像伝送システムの信号を失いスマートReturn to Homeが作動すると、元の飛行ルートに沿って帰還します。

DJI GO 4 アプリ
DJI GO 4 アプリ

Inspire 2やPhantom 4 Pro等の各機種に対応する、映像確認・モニタリングや設定・調整用の専用アプリが用意されています。 DJI GO 4 アプリは、スマートフォンやタブレット端末に無料でインストールできます。

PHANTOM 4 PRO

PHANTOM 4 PRO

コンパクトで小回りが効くPhantom 4 Proは、室内や狭い場所を飛ばす場合に有利です。 本体にはチタン合金とマグネシウム合金構造が採用され、機体の敏捷性が高まり軽量化し、 最大フライト時間は30分になっています。
FlightAutonomy(フライトオートノミー)システムは、後方にデュアルリアビジョンセンサー、左右に赤外線センサーが 追加され、合計5方向の障害物検知ができ、4方向の障害物を回避できます。

PHANTOM 4 PRO マットグレー
1インチ、2000万画素センサーを搭載したカメラ

Phantom 4 Proの内蔵カメラは、ハイエンドのコンパクトデジカメと同等の1インチ2000万画素センサーを搭載。
よりパワフルになった動画処理は、4K動画を60fpsで対応。14fpsのバーストショット(静止画の連続撮影)を 撮影できます

Draw技術
Draw(ドロー)

Phantom 4 Proでは、最新技術・Draw(ドロー)によりディスプレイ上に線を描くだけで、機体の高度を固定したまま 描いた線の方向に飛行します。これによりパイロットはカメラ操作に集中することができ、より複雑なショットを 撮影することができます。
また、TapFlyやActiveTrack、Return to Homeのほか、ジェスチャーモードなどPhantom 4 Proでは様々なモードが使用できます。

専用ディスプレイ付き送信機
専用ディスプレイ付き送信機

Phantom 4 Pro Plusには、iPhone 7 Plus等と同じ画面サイズの5.5インチ1080pディスプレイが付属しています。 このディスプレイがあればモバイルデバイスは必要でなくなるので、フライト前の準備がより簡素化されます。
DJI GOアプリも内蔵され、ハードウェアもソフトウェアも最大限に最適化。HDMIポート、Micro-SDカードスロット、 マイク、埋め込み型大音量スピーカー、Wi-Fi接続の統合により、画像をDJI GOの内部で編集でき、即座に画像を共有できます。